2008年03月28日

本当の望み

自分が思っても見なかった現実を
人は引き寄せたりする。
でも心の奥底ではそれを引き寄せるような行動を
しっかりと取っていたりもする。
本日、引越しです。


自分が本当はどうしたくて、どうしてそう出来ないのか。

なんて物はすり替えもいい所の話で結局俺は
そうしたいなら、したいなりの動を一切取らなかった。

でも形は移住に向けて進んでいるのだから
そうゆう結果になる事は今にして思えば
当たり前の話だ。

とっとと自分の気持ちに素直になっていればよかった物の
それをせずに甘えていた気持ちが
反応しあって今の結果に至る。

これは俺のエゴだろうか?
これは俺のわがままだろうか?
これをしたら愛の道から外れるのではないだろうか?
こんな事をしてまで京都に行って良いのだろうか?
時期ではなかったのではないか?
無理をしなくても良いんじゃないか?
無理をして本当の自分の気持ちに嘘を付いているのは
いったいどっちなんだ?
これは俺自身、自分を大切にしているのだろうか?

いろんな想いが錯綜しそれが本当の自分の声なのかも
今では良く解らなくなってきた。

自分に軸が無いと言うのはまさにこの状態であろうと思う

人は本当に苦しい時、どうしても何処か神頼み的な
行動を取ってしまう。
「人は…」
なんて書けばカッコも付くだろうけれど
俺自身の事だ。

自分の行動の責任を取りたくないが故の気持ちなんだろう。

等と書いていると
ドラマにはまっている自分を発見した。
posted by 健二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思った事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92124064

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。