2008年07月05日

【7月】スピリチュアル・ライフの扉

2008-07/05


どの扉を開けるのも、あなたの自由意志。
どんな自分との出会いが待っているかな?
スピカフェで出会うのは全て自分の一側面。

ここから自己探求の扉が開く。



続きを読む
posted by 健二 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(6) | 具現(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

父母

2008-04/13


今日は久美のご両親が、マンションを見たいと
大阪より遊びにやって来た。
一日をリーディングすると長くなるので、小分けに行こう。

京急の駅からタクシーでご来訪。
スーパーの前で降りてもらって迎えに行く事に。
お土産にケーキを貰った(ロールケーキ)
お昼ごはんがまだだったので、近所のファミレスに

お父さんもお母さんも久美も俺も、
何と同じメニューを選んでいた。
豚肉を煮たもの(角煮)と煮玉子。
野菜は竹の子が入っていた。

お父さんは竹の子が固いと残していた。

息子っちはステーキ。

リーディング
posted by 健二 at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 具現(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

仕事が決まらないと言う具現

2008-04/10



京都へ来てから、あれやこれやと派遣の登録に行ったり
契約社員の面接に行ったり、としているのだけども、
一向に決まらない。
良いなと思った仕事はすでに定員一杯。
派遣は仕事が無し。あっても彼の地で
交通費が2000円(実費)で
移動も含め15時間で交通費を引くと
4500円という訳の解らない仕事だったり。

続きを読む
posted by 健二 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 具現(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

2008-02/28


何やらきな臭いと思ったら火事だった。
仕事中、何かが燃えているような臭いがすると思ったら
目の前のビルに消防車が6台とまり
大勢の消防士が2階の飲み屋さんのドアをこじ開け
その瞬間、そこから煙が立ち昇った。
火は消し止められ1時間ほどで現場検証が始まっていた。

ビルの外側には何の煙も出ておらず
消防士がドアを開けるまで臭いしか解ら無い状態。


クリックお願いします
人気ブログランキングへ
posted by 健二 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 具現(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

目を覚ます

2008-02/27



目を開くほどのたやすい事のはずなのに、
それが中々どうして。
2週間ほど前、異常なほどにあくびが出る時期があった。
5分に一回、いやそれ以上にあくびばかりが出ていた。
その時は、耳も非常に聞こえ難い状態で。
全てから離れ、眠ろうとしていた。



クリックお願いします
人気ブログランキングへ

続きを読む
posted by 健二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 具現(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

耳が聞こえない訳

単純にこの耳が聞こえないと言う体の声を
紐解くならば、俺は【聞こうとしていない】
顕在の潜在意識では俺はスピリットの声を
聞こうとしない、拒絶していると言う事になる。
その現れが耳が聞こえないと言う体の症状に
なっている。
単純明快だ。

ただそこには原因が在る。
鼻空の奥が荒れていて
そこから分泌物が出ている
いわゆる鼻水であるが、それが外に出ずに
内側に溜まりこむ。
それが耳管を通り耳が聞こえ難い状態
中耳炎になると言われた。
慢性の中耳炎。
この原因をリーディングしてみる。
【鼻】
ユーモアで「学びは貴方の顔の上の鼻と同じくらい平易」
と言います。しかしそれを見る事は出来ません
あるいは、他人の仕事に干渉し、せんさくしています。
臭いの跡をたどり方向を探っていませんか?

【鼻水、粘膜】
抑圧されたエネルギーを取り除く事

【耳】
しっかり聞きましょう。良く注意してください
何が起こっているのか、耳を澄ませましょう。
聴覚障害を参照

【聴覚障害】
真実に耳を塞ぐ事。貴方は聞こえているのに
聞いたものを理解しないか、聞こうとしていません。
それは、変化と成長のために必要な貴方の責任に
ついて伝えているからです。



真実の声が届いているにも関わらず
俺はそれを聞いて聞こえないフリを決め込んでいる
その声に反応して感情が湧き出ているにも関わらず
俺はその感情を押し殺し、抑圧している。
故に、顕在に惑わされぬよう3次元的な耳を
塞いでしまっている。

この耳が聞こえないと言う状態。
正確に書くと、聞こえているのだが
何を喋っているのか、はっきり聞き取れない
と言う状態が正しい。
ので、人ごみに入るとテープをゆっくり回しているような
そんな感覚で人の声が聞こえる。

周りを気にしすぎる俺にはこれ位がちょうど良い
気もするのは確かにある。
この状態だと回りに意識が行かなくなる。
仕事場の休憩室などでも、誰かの喋る
話の内容に一々、反応していた自分を知る事も
出来たのは、この耳のおかげでもある。
posted by 健二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 具現(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

今の俺

2008-01/08


自分の状況が見えて来た。
何となくだけど自分の中でずっと、
ここ数ヶ月のあいだ違和感があった。
それは今も尚聞こえが悪くなっている
左耳が物語る。

このブログの引越しもその違和感から
逃れる為にした代替行為かもしれない。
外側に原因は無いのだから。


具現として俺自身が認識したのは
今月の探求シップに申し込んだ先月の事。
事が具現するまで気が付かないのも
リーディングをサボっていたからだろう。
そも、『このリーディングをしない』
と言う行為そのものが霊性の声を
聞こうとしない立派な具現ではないか。

探求シップ、詳細はこちら(Love Spiritual Peaceサイト)


この月はガイダンスで参加が下りず参加不可になった。
これには霊的理由がある。
参加不可が記載されたメールには
(一部抜粋です)
時が相応しく無い、(エナジー的にも相応しい)が
ガイダンスによって決まります。
シップの申し込みは自由ですが、実際に通過できるか否かは
ガイダンスによって決定されます


とあった。


クリックお願いします
人気ブログランキングへ

続きを読む
posted by 健二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 具現(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

日常の事。徒然と。

2008-1/7
お正月の間、大阪に帰っていた
息子っちが帰って来て一日目。
朝から曇り空の中、彼は遊びに行った。
いや、正確には友達の家で
「冬休みの宿題を片付けてくる」
と言う事だが、夕食前に漢字ドリルを
やっている所を見ると
おおむね遊んでいたのだろうと予測が付く。

我が家は、兎角「ああしろ、こうしろ」
と言う事は言わない。
大人の無責任な不安を何も知らない
子供に押し付ける事をしたくないからだ。

したい事をする。それが一番だと思う。
ただ彼もまだ小学校6年生なので
友達との付き合い方や宿題をしたくないとか
遊びたいとか、幼いところも十分に在る。
その辺のフォロー的な事をしてあげれば
良いのでは無いかと思っている。

今週のジャンプ(週間マンガ)に
素敵な言葉が載っていた。
小さい子供に言っている言葉なのだが
「興味のある所、何処へでも行っていい
 そこで出来ないとか解らないとか、
 そういった時に私が智慧をかしてやる」

少々傲慢な感じもするが、やりたい事を
させてあげると言うのはこういう事なのかな?
と思った。

息子っちが遊びに行った後
少しの間読書タイム。
昨夜、久美と話をしていたチャクラの話で
読みたい所がある本があったのでそれを開く。





この本の中(P123)にある
【推進力を発現させるには】
という所が非常に気になった。
龍さんも以前ここの部分をピックアップして
記事を書いていた。

が、その時の俺には何だか雲をつかむ様な
内容で、心の中に引っ掛かりつつも
流してしまっていた。

クリックお願いします
人気ブログランキングへ

続きを読む
posted by 健二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 具現(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

大晦日

2007-12/31


この日は俺も久美も仕事が休みで
二人でのんびり過ごしていた。
合間を付いてやっていた洗濯物が終わったので
干すのも寒いから、買い物ついでに
乾燥機にかけてしまおうと言う事に。

洗濯物をビニール袋に入れ防寒対策をして表に出た。
久美が「うお!」と声を上げる。空が綺麗だと。
俺も空を見上げる。
空気が乾燥しているせいか、
大晦日で車の排気ガスが少ないせいか。

sky.jpg

空気が澄んでいて、光がきらきらと舞っているのが良くわかる。
周りの景色もその光に踊らされているようで
全てが生き生きと見えるから不思議だ。

俺は、もう少し良く見える位置へと少し移動した。
となりの駐車場からなら、空へと続く視界を
さえぎる物はないと思ったからだ。
暫く空を眺めて意識が空に吸い込まれそうになるころ
久美の声が俺の耳に届く。

「あ、鳥が飛んでんで。4羽」
「どこどこ?」っと俺のいる位置から見渡すも
鳥の姿は確認できない。
小走りに久美の方へ駆け寄り久美の指差す空の方向へ
視線を飛ばした。

いた。4羽。ほぼ一列に近い
平行四辺形を形成しながら空を走っている。
その身体は太陽の光を浴びてキラキラと金色に光っていた。
瞬きも忘れ、金色の躯体を見ていてその飛び方があまりにも
速く、ゆらゆらと揺れているのが鳥のそれとは違う事に気が付いた。

目を凝らすとその身体には羽が無く鳥かのように見えたその身体は
光が弱くなった時に瞬間だが姿を現した。
鳥ではなく飛行船の様な楕円形の形をしたものだった。
ラグビーボールの形をした4っつのそれは金色に光りながら
空の中へ溶け込んで消えた。
【リーディング】
posted by 健二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 具現(日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。